検索
  • wsc

[2020/6/22] _人生の軌跡が残る街



6歳から11歳まで父の仕事の関係上、ロンドンに移住した。

ここで今の自分の性格はある程度形成されたと思っている。


ロンドンの郊外、ヘンドンと言う街で育った。

英語は勿論何も話せない俺は現地校に入学した。

誰とも話せず友達も出来ず、孤独な時間が暫く続いた。

大人になった今でも鮮明に覚えている。


幼稚園からサッカーをやっていたから学校のクラブに入った。

そこから友達がいっぱい出来た。

言葉は話せなくてもサッカーが繋いでくれた。

今でもサッカーは大好き。

ファッションの仕事かサッカーの仕事するか悩んだくらい。





俺は誰に対しても思ったことは言う。

誰に対しても負けず嫌い。


上記の性格になったのは確実にロンドンで育ったからだと感じる。

日本は子供の時に学校で順位を設けない場合が多い。

イギリスは順位を設ける。競争をさせる。

どちらが正しいかは分からない。


ただ一つ言えるのは1位になるためには努力するしかない。

ロンドンで育って良かったと思えた部分は

ここに早く気付けたこと。


また、自己主張をしないとサッカーの試合に出してもらえなかった。

試合に出たかったから自己主張した。

自分の強み言った。言いまくった。



今思うと、この少年時代は今の自分と全く変わっていない。

どうせ会社やるのであれば一番が良い。

日本に戻ってきて、中学時代、高校時代で仲間の大切さ

義理人情を学んだ。

人間は環境によって性格は変わる。

ただ目標、夢が出来たら人間は変われると強く思う。




efu

0回の閲覧

© 2019 WORLD STYLING CORPORATION

  • WORLD STYLING
  • WORLD STYLING